朝起きれない人の体験談:私たちの起きる方法はこれです!

このサイトでは、どうしても朝起きれない人の体験談をまとめています。頭痛、腹痛、吐き気、胃もたれ、起立性調節障害、頭がぼーっとする、立ちくらみがするなどが原因で朝起きる方法を探している人はこのサイトの朝起きてすること食べるものなどを参考にしてください。

体験談

毎朝、足がフラフラする。でも、水を飲んでxxxすると…

04a82c1f

36歳男性の体験談。

朝、起きているはずなのに起きてない…

目覚ましの音が鳴っているのに気がつかないくらいに熟睡しています
また稀に起きているハズなのだけれど体が動かない金縛り状態で目覚めるときがあります

頭は常に橋から川を眺めるようにボーとしています
前日に食べ過ぎたときなどは胃もたれがひどくて何もしたくない起きたくないと思います

 

一番多いのは起きているけれど起きていない状態です具体的には一度起きるのですが布団の中で懺悔ポーズをしつつ固まります
しっかり寝たはずなのに寝不足を感じるときがありますそういう場合はカタツムリのように動けません

気がかりなことがあって精神的に負荷のかかった状態で起きると胃の調子が悪いです
痛いというほどではありませんが緊張しています

 

毎朝ふらふらして足元がおぼつかないです
起きると原因不明の肩こりや首が痛いときが稀にありまして起きれないというか起きようと体を動かすといたなって難儀するときがあります

そんな私の、誰もやっていないだろう秘密の起き方がこれ

目覚まし時計は三つスタンバイさせています。
例えば8時30時に起床予定とします。

一台目の時計は予定の時間よりも1時間30前の7時に鳴ります。
二台目の時計が1時間前の7時30分です。

 

三台目は30前の8時に鳴ります。ジェット機の騒音レベルに近い音です。
そしてそれをあえて外に音が鳴るように置いておきます。

少し這っていけるくらいの距離に。それというのも朝からけたたましい音を立ててはご近所様に申し訳ないという心理を利用するためです。
上記でも書きましたが稀に金縛りにあいます。

 

対処法は、「うー」という声(吐息?)が出せるので喉の奥から声にならない声を出すと体が動くようになります(シンドイです)。
なんとか起き上がれる段階になったら用意しておいた水を飲みます。

喉を冷たいものが通ると体が少し動くようになります。
それでも足元がおぼつかないのでトイレに入って便座に座ります。

 

用を足すわけでもなく、とりあえず二度寝という感じです(体を横から縦にしただけでも儲けものです)。
三台目が鳴ってトイレに行った後は3度寝します。

ヘルストロンという健康器具があるのですがそこに座って2000ボルトを体に流します。
そうこうする内にやっと目が覚めます。

 

日によって、冬場は寒さで起きれません。
そのときは作業着を布団の中で着ます。仕事服を着るだけで心持ちが違ってくるので不思議です。

どうしても布団から起きれないとき、起きてこないときは秘密兵器が待っています。
それは母親からの電話です。

眠り語(意味不明な言語)を応答している内に覚醒するから不思議です。

-体験談