朝起きれない人の体験談:私たちの起きる方法はこれです!

このサイトでは、どうしても朝起きれない人の体験談をまとめています。頭痛、腹痛、吐き気、胃もたれ、起立性調節障害、頭がぼーっとする、立ちくらみがするなどが原因で朝起きる方法を探している人はこのサイトの朝起きてすること食べるものなどを参考にしてください。

体験談

朝起きれないのと、生理周期・年齢の関係とは?

年齢と朝起きれない

37歳女性の体験談。

どれだけ早く寝ても、翌朝は起きれない

どんなに早く寝てみても翌朝は起きがけはしばらく調子が悪くて動けません
もちろん寝るのが遅かったら朝は全く起きれません

とにかく眠いのです
平日は子どもが小学校に行くのですが集団登校の集合時間が非常に早いのでそのまま寝ている訳にもいかず無理をした状態で起きて準備をしています

 

休日は子どもは学校は休みですが早くから起きてくるので子どもが先に起きてテレビを見てその横でまだ自分が寝ている状態になっていることもあります
調子が悪い状態だとしばらくそのままひきずってしまうこともありひどい時は夕方までそのまま眠かったりぼーっとしてしまうこともあります

子どもは昼寝をしないで起きているのに自分はあまりにも眠気がひどくて昼間横になって寝ていることもしばしばです
また私は以前からいくつかの精神疾患があり治療として就寝前に薬を服用していることがありますが薬がそれほど副作用がないと医者から告げられていても翌朝には影響が大きく出てしまい頭がぼーっとしている状態になります

 

同じように朝から夕方までぼーっとした状態を引きずっています
また季節によっても起きたときの体調は変わってきて夏場は比較的起床時はすっきりしているのですが冬場は冷え込むこともあって体調を崩しやすくなり余計に起きづらくなってしまいます

生理周期にも左右されているようで生理後は比較的寝起きがいいのですが生理中と排卵期から生理直前までは起床時はやはり気分がすぐれず思わず二度寝してしまいそうになることもあります
眠い時はコーヒーを飲んだりすることもありますがなかなか効かず辛い状態のまま日常生活を過ごしています

やはり、年齢とともに朝は起きづらくなっている気が…

朝は普通にスマートフォンの目覚まし時計アプリを活用しています。
それ以外には今のところ使ったりしていません。

スヌーズは5分間隔で、音量は最大にしています。
ただ、自分の体質上目覚まし時計が鳴る前から目が覚めていることが多いです。

 

そのほかにも子どもが寝静まる9時には布団に入ってそのまま寝るようにはしていますが、それでも翌朝眠い時は眠いことがあります。

以前は多少夜更かししても翌朝まで影響がそれほど残らなかったのですが、年齢のせいか子どもの人数が増えたせいか、疲れやすくなっていてどれだけ寝ても眠く感じるのは疲れのせいだと思い、日中から無理をしすぎないようにして計画的に過ごして夜就寝し、翌朝に備えている状態になっています。

-体験談