朝起きれない人の体験談:私たちの起きる方法はこれです!

このサイトでは、どうしても朝起きれない人の体験談をまとめています。頭痛、腹痛、吐き気、胃もたれ、起立性調節障害、頭がぼーっとする、立ちくらみがするなどが原因で朝起きる方法を探している人はこのサイトの朝起きてすること食べるものなどを参考にしてください。

朝起きれない原因

朝起きれない原因は、セロトニン不足!じゃあ、どうすればいい?

illust289

どうして朝、起きれないのかというと…

多くの女性は、梅雨の時期や寒い冬の時期に朝が起きれなかったりすることが多くあります。
その大きな原因としては自立神経が悪さをしているため、体が起きれない症状に繋がってくるとも言われています。

また、おきれないから朝が苦手という方も多くいますが、実際は朝が苦手などではなく、どうしてそうなるかという原因を知らないため「苦手」と認識してしまいます。
ですが、起きれない原因を自分なりに把握し、知っておくと対処できスムーズに朝が起きれる可能性があります。

 

その原因については、人それぞれで精神疾患から来てる方もいるので一概に言えませんが
セロトニンが不足している場合。
セロトニンというのは、人間誰しもが持っている三大神経伝達部室という神経伝達のひとつであり、これは、睡眠を行うのに必要不可欠な体内物質といえます。

これがなくなると、人間は不眠症や朝起きれなかったりする事に繋がりセロトニンが不足しているため、朝起きれないという症状に出てしまったり、朝起きても、身体が重くスッキリしなかったり、朝起きてもセロトニンが十分に増えてないため、中々起きれない原因にもなってしまう場合があります。

 

もうひとつの原因としては、睡眠の質がまばらだったりすると人は体内で睡眠作用が上手く取れてなく、脳もちゃんと眠れてない状態になり、朝になってもスッキリしたりスムーズに起きれなかったりする可能性があります。

そのため、体の疲れが取れず寝ている間も、全体的に眠りが浅いため夜中に目が覚めてしまう事が多い体質といえるでしょう。

 

これは、現代人に多く見られる傾向ですが長時間深夜までスマホを弄ったりして睡眠や生活リズムが乱れていたりする事から起きる、体内時計が弱まったり上手く整えてなかったりすると、本人が寝たいと思ったときに上手く眠れる事が出来ません。

体内時計を整えるためには、まず、朝か夜かというのをしっかり体に把握させる事から始めないといきなりあれもこれもやるというのは逆に、不眠症や睡眠相後退症候群といった症状を引き起こす場合があるため、まずは朝起きたらカーテンを開け朝日をしっかり浴びる事からスタートしましょう。

 

そして、朝日を浴びたらまず朝食をしっかり取り体に朝という事をゆっくり教えていく事が改善になるキッカケやポイントになります。

自分で工夫してもあまり改善されなかったり、それでも、朝起きようとすると体が重かったり、だるさを感じたら早めに心療内科に受診し医師に相談し診断の元時間をかけ改善していくことで治る場合があります。

 

規則正しい生活を送り、バランスがとれた食事を心がけ適度に運動し汗をかくことが大切です。
こうして運動をする事で体にも神経にも刺激がいきわたり、スムーズに眠れる事があるため定期的に汗をかくことを心がけて生活してみましょう。

-朝起きれない原因